1人の大学生から一言

1人の大学生から一言

KPOP、旅、雑記ブログ。英字記事をMediumでwriting中。

【ホテルで大学の課題をやる第二弾】ホテルメッツ秋葉原 宿泊記

更新日 2021年4月3日

 

f:id:Fromk:20200912163903j:plain

お久しぶりです。最後に行った海外旅行から1年半が経つ、

一人の大学生からひと言です。

 

今回は「ホテルで大学の課題をやると捗るのか」第2弾です。前回はアパホテルで実践しましたが、今回はホテルのテイストを変えてみました。なお、宿泊日は2020年8月頃です。

 

宿泊した場所は、ホテルメッツ秋葉原。JR系列のホテルブランドで、駅前の一等地でアクセス抜群の場所にあるのが特徴です。さらにサービスにもこだわりがあり、全室シモンズ製のベッド採用や浴槽付きの広々としたお風呂があるのも魅力です。今回は秋葉原という立地柄、普段は外国人観光客が多く利用するホテルですが、昨今の情勢から利用はありません。しかし、日本人客の需要はそれなりにあるようでした。

 

なお、【ホテルで大学の課題をやる第一弾】

アパホテル編はこちら☟

www.fromk02.info

 

 

今回は大学の課題を終わらすために利用しましたが、ブログでは客室の使い勝手や面白いところを紹介していこうと思います。

 

宿泊プラン

ホテルメッツ秋葉原 秋葉原電気街口直結

朝食付き素泊まり  税込み8000円

ダブルルーム    浴槽・シャワー別お風呂

自動チェックイン機 ジャズイベント開催のバー

コンビニ(NOT24H)2階レストランのルームサービスあり

 

時間割

-1日目

14:00 ホテル1階にあるカフェ・プロントで昼ごはん&課題取り組む

15:00 チェックイン

15:30 買い出し

16:00 大学の課題を始める

20:00 入浴

21:00 友人とオンライン会議

22:00 大学の課題 再開

25:00 就寝

 

-2日目

07:00 起床・散歩

07:30 朝食

08:00 大学の課題を始める

10:30 大学の課題 完了

11:00 チェックアウト

 

 ひよっこからの提案

f:id:Fromk:20210402010452j:image
f:id:Fromk:20210402010502j:image
f:id:Fromk:20210402010511j:image
f:id:Fromk:20210402010521j:image
f:id:Fromk:20210402010533j:image

f:id:Fromk:20210402010545j:image
f:id:Fromk:20210402010555j:image
f:id:Fromk:20210402010603j:image

 

 

 写真レビュー

【客室からの風景】

f:id:Fromk:20200906015946j:plain

こちらは、深夜の秋葉原。人通りはまばらですね。ホテルの客室からは、秋葉原の24時間の姿を見ることができます。日中の顔とまた異なる秋葉原の景色を楽しむのも楽しいと思います。また、最上階にあるデラックスルームでは、屋外テラスから景色を楽しむことができます。

 

なお今回は電気街口ビューの部屋だったため、反対側の景色についてはわかりませんでした。もしかするとトレインビューなのかもしれません。


【無料のコーヒー】 

f:id:Fromk:20200906015929j:plain

さて、勉強を終えたら一息つきたいですね。そんな時は2階フロントに行きます。フロントの脇に、フリーのコーヒーマシーンがあります。部屋に持ち帰るだけでなく、朝の散歩もコーヒー片手に楽しむことができます。 コーヒーはブラック1種類のみになり、別途に紅茶や緑茶のティーバックが自由に選べます。

 

【ベット】

f:id:Fromk:20200906015921j:plain

 こちらがシモンズ製のベッド。思ったより柔らかく、大変寝心地が良かったです。一方、勉強の天敵ともいえます。

 

【冷蔵庫とコンセント】

f:id:Fromk:20200906015913j:plain

 冷蔵庫は中身が確認できるので便利です。コンセントは使い勝手の良い場所にあり、USB電源端子とコンセントが1つづつ。壁際ではなく机に備え付けられているため、短いコードだと少し不便な時もあります。

 

【無料のミネラルウォーター】

f:id:Fromk:20200906015903j:plain

 ミネラルウォーターが2本常備してあるのはgoodポイント。

 冷蔵庫は空の状態です。

 

【机周辺】

f:id:Fromk:20200906015853j:plain

 机の広さはそこまで広くないですが、パソコンとタブレット2つを開きながらの作業に支障ありませんでした。

 

【機能的で使いやすい机周り】 

f:id:Fromk:20200906015836j:plain

 机の周りはモノが手の届く範囲に配置されており、大変便利に使えます。

 

【フカフカのシモンズベッド】

f:id:Fromk:20200906015827j:plain

ホテルメッツでは全館でシモンズベッドを採用しており、寝心地は抜群でした。

ベッドはダブルベッドサイズで、快適です。

 

f:id:Fromk:20200906015819j:plain

f:id:Fromk:20200906015755j:plain

 

【備え付けのテレビ】

f:id:Fromk:20200906015747j:plain

 備え付けのテレビにはHDMIケーブルが備わっており、PCと接続して大画面でのオンライン会議を実施することができます。そのほか、メイン画面(写真の画面)では1階レストランでのメニューを見れる機能や各種営業時間を確認できるタイプです。

 

【玄関ドアと水回り】

f:id:Fromk:20200906015728j:plain

玄関のすぐ脇に水回りが備わっています。バスタブとシャワー別で、最近のホテルの標準タイプとなっています。また、浴室への導線は段差がないバリアフリーとなっています。シャワーとバスタブが独立していると、子供連れにもありがたく、さらにゆったりと寛ぐことができます。

 

【客室ドアと廊下】

f:id:Fromk:20200906015703j:plain

シックな色合いの廊下で、幅は少し狭めでした。

 

【朝食会場】

f:id:Fromk:20200906015624j:plain

 それでは早速、朝食会場に行きましょう。2階ロビーを奥に進みます。こちらが朝食会場のJapan Kichen です。居酒屋・定食屋として営業しており、朝は朝食を提供しています。入店すると、私だけでした。その後も4人ほどの入店でしたので、空いています。

 

【朝食】

f:id:Fromk:20200906015613j:plain

それでは朝食を頂きましょう。いただきます❗️和食と洋食が選べて、洋食を選びました。オムレツが食べたかったので。オムレツのお味は...うーん😕「フワッとオムレツ」がコンセプトなので、中身がフワッとしていますが物足りない。海外のホテルであるような濃厚なやつを期待していたのですが、ちょっとがっかりしました。 

 

【ホテル入口】

f:id:Fromk:20200906015602j:plain

ホテルの入口は2か所あり、写真のNewdays横と自由通路内にあります。

また1階エレベーターはNewsDays直結ドアがありますが、NewDaysは24時間営業ではないのが残念なところです。特に、このNewDays以外には近くにコンビニがないので、深夜になにか買い物したいときは要注意。

 

 

f:id:Fromk:20200906012614j:plain

今回はいかがでしたでしょうか。

秋葉原駅直結で、リーズナブルに宿泊できる「ホテルメッツ秋葉原

 

ホテルメッツは、東京だけでも渋谷や目白、田端など6店舗ほどがあります。各ホテルごとにユニークな宿泊プランがあります。ホテルメッツ田端のトレインビュープランをはじめ、ベビーグッズを完備するなど、小さいお子様連れでも楽しめるホテルグループです。

 

ホテル勉強を終えての結論

 食事の時間もしっかりと確保したほうが、記憶力と作業効率は上がる

 

今回は、朝食付きのプランで宿泊しましたが、やはり朝食をしっかりと食べることで、その日1日の作業も捗り、記憶も定着しました。もちろん、ホテルのレストランで朝食を食べる場合、時間もお金もかかってしまいます。

 

しかし、前回の素泊まり・朝食は食パン1枚の時と比べると、格段に効率がいいことがわかりました。前回・今回ともに、朝の勉強時間は2時間半でしたが、朝食をしっかり食べた今回のほうが作業量・集中力ともに良い結果をもたらしました。

 

最近では、テレワークでほとんど家で仕事をされている方も増えたと思います。たまには、ホテルで朝食を頂き、朝からフレッシュな気分で仕事をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

 

My Twitter では、海外の魅力的な都市やおすすめブランドなどをご紹介

My Twitterでは、海外都市の知られざる魅力を写真と共にご紹介。

最近では #世界の免税店を巡る 企画をスタート

海外旅行が好きな方や新しい魅力を発見したい方、

ぜひフォロー・チェックして頂けるとうれしいです!